キャッシングの延滞とその督促

いわゆるカードローンの延滞では、期日までに返済をせずに放置していた場合、そのカードローンの借入先である業者から督促の電話がかかってきます。それでも放置した場合はいわゆるブラックリストに掲載されてしまいます。ここでいうブラックリストとは、信用情報会社にその名前が掲載されてしまうことで、一定期間はこの名簿から削除されないようになっています。すなわち、今後の借り入れが非常に厳しくなると言うことです。
もし、信用情報会社で延滞等によりその名前が掲載されてしまった場合は、たとえば住宅ローンなどを組む際に、金融機関から拒否される可能性も高くなります。したがって、借りたら返すを必ず実行した方が得策です。滞納の状態が長く続けば、貸した側が強制的に対応をしてくることも考えられます。直接自宅に来ることなどもあり得るでしょうが、金融機関への差し押さえなどを行う場合もあり、いずれにしても滞納していた間も利息が付くことを思えば、返済はしっかりと確実に行うべきものでしょう。
なお、もし返済が厳しい場合などは、滞納の状態を続けているよりは返済が厳しい旨を伝えるなど、最低限の連絡は入れた方が得策と言えます。返済が厳しい場合において一番よくないのは放置です。これでは、ただ単に横着で返していないだけととられても仕方がありません。
返すことがどうしても困難になったときには、自己破産等の債務整理を考えなければならなくなる恐れも生じます。