無職でも借り入れ出来るカードローンはあるのか?

無職の人がカードローンを契約する為には、「配偶者」や「保証人」の存在が重要なポイントになります。例えば、代表的な選択市である消費者金融の場合、総量規制の影響を受けるために収入がない人はお金を借りることが出来ません。総量規制では「年収の1/3まで」と借入れ制限をしているので、そもそも収入がない状況であれば借りられるお金自体が無いという結果になってしまうので審査を通過することは無理です。

ただし、総量規制対象外のカードローン(銀行など)であれば、明確な年収に対する制限が無いので無職でも契約できる可能性があります。可能性はあるのですが、「返済能力」が重要な判断要素になってしまう以上は収入がない状況では審査を通過することは出来ないと考えておいた方が賢明です。ただし、配偶者や保証人が居れば、その人の信用を担保としてお金を借りられる可能性があります。専業主婦がカードローン契約できる理由はここにあります。

独身者で無職の状況であれば、仮に保証人が居ても契約出来ない可能性が高くなってしまいます。その為、まずはアルバイトでも良いので収入を得る手段を確保した後、数か月程度でも勤続実績を作ってから申し込んだ方が成功率が高くなります。その際、返済のリスクを抑えるためにも低金利で利用出来るカードローンを選ぶことが大切です。もし、お金欲しさに甘い誘惑に乗ってしまうと、闇金の餌食になってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。